展示を再開しました。

1月7日から15日まで、福岡県のイオンモール筑紫野で展示を再開しました。会場が狭いので炭水車を設置することはできませんでしたが、筑紫女学園大学三年生17名の「整備士」たちは機関車本体を6時間で組み立てました。

組立途中のスナップ写真です。15日の解体作業も10名の「整備士」が望みます。

C62のHPが出来ました

いよいよC62の製作が本格的に始まります。作業の内容や製作過程をご覧ください。

http://c62-51.jimdo.com/

福岡県筑後市の九州ダンボール㈱原紙倉庫内工房での修理風景

ボーラーの新型曲面パネルの装着実験
ボーラーの新型曲面パネルの装着実験
大阪工業大学の学生10名が修理作業に参加しました。2016.3.3~8
大阪工業大学の学生10名が修理作業に参加しました。2016.3.3~8

これまでの展示記録(全15回)

旧吉川小学校体育館に組み立てられたD511162号機
旧吉川小学校体育館に組み立てられたD511162号機

第12回巡回展 イオンモール幕張新都心 

お知らせ

新作[C62]の製作に入りました。                            C621号機・日立製作所笠戸工場保管図面による完全復刻原寸模型です。完成は2016年春頃を予定しております。製作過程をC62ホームページに掲載しますので、ご興味のある方はご覧下さい。

第11回巡回展 新潟朱鷺メッセのD51

テンダーの担バネやバネ釣りも装着しました。
テンダーの担バネやバネ釣りも装着しました。
デフレクターを門鉄形から標準タイプに取り替えました。
デフレクターを門鉄形から標準タイプに取り替えました。
5100㎡の中のD51。小さく見えます。
5100㎡の中のD51。小さく見えます。
夜間は支柱を立てて自荷重による変形を防いでいます。
夜間は支柱を立てて自荷重による変形を防いでいます。

新潟の新津機関区所属のC57180号機は「SLばんえつ物語」号のヘッドマークをつけて定期的に運行されています。故障して走行不可能になったとき、大宮機関区のD51498号機が助っ人として磐越西線を走りました。左の写真はそのときのヘッドマーク「D51ばんえつ物語」号。(協力:JR東日本新潟支社)

 

C57180号機は修理され、いまでは元気に新潟と会津若松の間を往復しています。

7月末、新津の機関庫で整備中のC57180号機を見せていただく機会がありました。そのときの様子を収めておきましたのでご覧下さい。

C62のHP出来ました

いよいよC62の製作が本格的に始まります。作業の内容や製作過程をご覧ください。

http://c62-51.jimdo.com/